高血圧は食事で塩分を控えることでも血圧を調整することができます。塩分が少なくバランスの取れた食事をするだけでも高血圧を改善することができるので、毎日食事には気をつけましょう。では、どのような食事がいいのかご紹介していきます。

メインテートの成分を詳しく調べてみました

メインテートの日本で認められている効果は、本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全、頻脈性心房細動の5つがあります。
狭心症とは、心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の異常による一過性の心筋の虚血のための胸痛・胸部圧迫感などの症状です。
この病気は心筋梗塞にもつながる危険な病気です。
慢性心不全の場合は、アンジオテンシン変換酵素阻害薬アンジオテンシン2受容体拮抗薬、利尿薬、ジキタリス製剤などの基礎治療を受けている患者に限られます。
アンジオテンシン変換酵素阻害薬はアンジオテンシン変換酵素を阻害する薬です。

メインテートは、日本の田辺製薬が開発して1990年9月に承認を取得した薬です。
メインテートには、0.625mg・2.5mg・5mgの3つの種類があります。
メインテートは、心臓の拍動を活発にしたり、血圧を上昇させる交感神経のβ作用を抑える効果があります。
メインテートの主な成分は、ビソプロロールフマル酸塩です。
他にも、ステアリン酸マグネシウム6000、ロマンニトールなどです。
                                                           
薬には飲み合わせることを禁止されている薬や注意しないといけない薬があります。
メインテートには、禁止されている薬はありませんが、注意しないといけない薬はたくさんあります。
例えば、カロナール錠200、セレコックス100mg、ロキソニン錠100mg、アムロジン5mgです。
しかし、これは一部で併用注意の薬はたくさんあります。
メインテートと別の薬を飲み合わせる場合は、よく調べてから薬を飲む必要があります。
                                                           
メインテートを使用することによって、副作用を生じる場合があります。
確率は低いですが、重大な副作用としてあるのが心不全、完全房室ブロック、高度徐脈、洞不全症候群があります。
確率が高い副作用は徐脈、めまい、立ち眩み尿酸上昇、クレアチニン上昇呼吸困難、倦怠感、低血圧などたくさんの副作用があります。
めまいは、車を運転していたり高い所での作業中にも起こる場合があるので注意が必要です。
この他にも多くの副作用があります。
低血圧になると、全身に十分な血を供給することができなくなります。

また、脳は特に血が供給されにくくなります。
メインテートを使う上での注意は、服用する時は医師の指示に必ず従うことです。
成人は1回1錠で1日1回が基本です。
妊娠していたり、可能性がある場合は医師との相談を必ずしないといけません。