高血圧は食事で塩分を控えることでも血圧を調整することができます。塩分が少なくバランスの取れた食事をするだけでも高血圧を改善することができるので、毎日食事には気をつけましょう。では、どのような食事がいいのかご紹介していきます。

危険な病気を招く高血圧は病院で治療しよう

高血圧は、自覚症状がないことが多いです。サイレントキラーとも呼ばれる病気で、そのまま放置してしまうと重大な疾患を招く危険性があります。
特に怖いのが、脳や心臓の病気です。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、などは高血圧に伴って起こる危険性が高い病気です。
血圧が常に高い状態になると、血管が硬くなって脆くなります。動脈硬化が起こると剥がれた血管壁のかけらや、コレステロールなどが溜まりやすくなって血管が狭くなります。
すると血液が全身に送りにくくなります。その状態でもなんとか心臓が血液を全身に送り届けようとするため、心臓の動きが激しくなり、高血圧がますます酷くなります。
高血圧は、放置してしまうと悪化する一方です。病院で高血圧と診断された患者の心不全や脳卒中のリスクは、正常血圧の人に比べて2~3倍も高くなると言われています。
脳卒中が起きて助かっても、麻痺などの後遺症が残ってしまうこともあります。
高血圧を早めに見つけるには、定期的な検診を受けると安心です。それまで健康だった人でも、加齢によって血圧は上昇するのが普通なので、年齢が上がってきたら常に血圧を測るようにしましょう。
せっかく病院に行っても、自覚症状がないために途中で通院をやめてしまう人もいます。減塩、禁煙、禁酒、など様々な制限を課せられて辛くなることも多いからです。
しかし、病院に行かなくても病気はそのままなので、どんどん悪化してしまいます。
危険な疾患を招く恐れが高く、食事療法や運動療法が間に合わないと判断された場合には、降圧薬が適用になります。しかし、これも高血圧そのものを治療するわけではなく、一時的に血圧を下げるだけなので、根本的な治療には自己努力も必要です。