高血圧は食事で塩分を控えることでも血圧を調整することができます。塩分が少なくバランスの取れた食事をするだけでも高血圧を改善することができるので、毎日食事には気をつけましょう。では、どのような食事がいいのかご紹介していきます。

耳と高血圧の関連の深さと運動と食事による治療

高血圧は生活習慣病の一つとして世の中に知られるようになりました。自覚症状を伴わずに進行してしまい、合併症を伴ってともすると生命を落とすリスクもある恐ろしい疾患です。他の生活習慣病との関連性もあることから、様々な合併症を持ってしまうことも多く、早期に治療を行っていくことが重要になります。自覚症状が伴わないために発見が遅れると言われていますが、人によっては高血圧によって自覚症状が生じている場合もあります。しかし、それがちょっとした体調不良だと感じてしまって気に留めない人も多いのが事実です。耳の不調は高血圧に由来する場合もあり、高血圧性難聴といった疾患も知られています。高血圧であることによって耳鳴りを感じたり、耳閉感を示したりする人もいることから、耳と高血圧の関連については注意を払う必要があります。また、合併症によって脳内圧が上がったり、脳動脈硬化症が生じたりすることで耳に異常を感じるようになる場合もあることも留意しておくべきことの一つでしょう。生活習慣病の一つである高血圧の治療においては、運動療法と食事療法が適用されます。特に肥満や糖尿病を合併している場合には運動療法が重視され、有酸素運動を行うことによって減量を行ったり、消費エネルギー量を増やしたりする試みがなされます。それと並行して食事のカロリー制限を行うことで肥満や糖尿病の改善が目指されるのです。それだけでも血圧が下がることもありますが、さらに減塩食とすることで積極的に高血圧の原因となっている可能性を減らしていくことが基本的なアプローチです。この他にもカリウム摂取量を増やしたり、DHAなどの動脈硬化予防につながる成分を含む食品の摂取を行い、総合的に健康を目指していくことになります。